【会社を辞めた直後に得られるもの】~会社辞めたら楽になった話~

仕事・キャリア

スポンサーリンク

こんにちは、退職&無職経験済みlemonboyです。


僕は新卒で入社したブラック企業を退職し、無職やフリーターを経験したことがあります。


会社辞める前は僕もかなり長い時間ウダウダ悩んでいました。


「会社辞めて大丈夫かな。。。」

「転職先も決めずに辞めて大丈夫かな。。。」

「会社辞めたら人生終わりなんじゃ。。。」


こんな風に悩んでいましたが、今では「もっと早く辞めとけばよかったわ」と後悔しているくらいです。


かつての僕と同じように「会社辞めたいけど怖くて辞められない人」に向けて今回の記事を書きました。


お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

会社を辞めた直後に得られるもの



今回引用させていただくツイートはこちら!!


ゆーいちろう@SNSブロガーさんの「会社を辞めた直後に得られるもの」です!!


僕は今すぐ仕事辞めないと精神が限界くると思って退職した身です。


辞める前は「転職先も決めず会社辞めたら人生終わりだ。。。」と思ってましたが、別にそんなことありませんでした(笑)


というのも、ゆーいちろうさんが言うようにブラック企業を辞めて得られるものには数十万円分の価値があるんですね。


ひとつひとつ、見ていきましょう。


朝早く起きる必要がなくなった


会社辞めてからは、朝早起きする必要がなくなりました。


朝早起きしなくていい、二度寝ができる。これはホントにもう~~~最高でした!!


ブラック企業に勤めていた時は、2時間もかかるところに通勤していたので必然的に早く起きる必要があったんですね。


夜0時に寝て、朝6時に起きて、7時に家を出て、2時間かけてようやく通勤する毎日。。。


睡眠時間は足りないわ、ストレスはたまるわで今思い出しても辛い日々でした。。。


週末になるにつれどんどん体力は失われ、土日は寝て終わる。。。


そんな生活を送っていました。もう社畜じゃん。。。


そんな睡眠不足とストレスにまみれた生活から抜け出して、人間らしい生活を送ることができるようになりました。


僕は朝型だし、昼夜逆転生活になりたくなかったので、辞めてからも規則正しい生活リズムを維持しました。


朝の脳のクリアさや、生産性の高さを満員電車で消耗するのではなく、ブログや転職活動に活かすことができました。


僕は間違いなく「会社を辞めて健康を取り戻すこと」ができました。


身体や精神の健康をボロボロにしてまで続ける仕事なんてありません。

満員電車に乗って体力を消耗することがなくなった


個人的に会社辞めて一番大きな恩恵は「満員電車に乗らなくていい」ことでした。


僕は会社員時代、誇張抜きで「仕事より満員電車が辛い」状態でした。


仕事も辛かったけどそれ以上に満員電車が辛い。というのが本心でした。


みんな当たり前のように満員電車を受け入れてるように見えますが、満員電車なんて人間の乗るものじゃありません。


疲れるし、イライラするし、スマホさえいじれない時はあるし、車内は殺気立っているし。。。


もう二度と満員電車には乗りたくありません。


前の職場には「私は30年満員電車に乗り続けているのよ」という謎のマウントをとってくるバカがいましたが、僕は金輪際乗りたくありません。


満員電車に乗らなくなっただけで、僕はストレスフリーになれたからなんですね。


満員電車は本当に生産性がないし、多大なストレスを感じ、人間の心をどんどん荒ませます。


実際ビジネス書を何冊が読めばわかりますが、世の中で活躍している人のほとんどが満員電車を否定しています。


それほどひどい乗り物なのに「ガマンしろ」というのは思考停止だと言わざるを得ません。


今はリモートワークや在宅勤務も普及してきてるので、少しはマシになるかもしれませんね。


会社を辞めたらそんなストレスまみれの満員電車から解放されました。


僕は30歳になるまでに「満員電車に乗らない人生」の実現を目指し、取りかかります。


満員電車が辛すぎるなら、転職したり引っ越したりするのも手ですが退職するのもアリです。


ゆっくり休みましょう。


パソコン仕事で腰痛に悩まされることがなくなった


これは職種にもよりますが、会社を辞めたらパソコン仕事での腰痛の悩みも消える可能性があります。


特にデスクワークの人は1日中座りっぱなしなので、腰痛や運動不足になりがちです。


デスクワークに限らず職業柄どこかが痛くなることがあると思います。


会社を辞めたらそうした「体の悩み」が解消されることもありますよ。


会社を辞めたら体の悩みだけでなく、健康を意識してみましょう。

上司のパワハラがなくなった


これはも~~ホントに測り知れないメリットですね!!


当たり前ですが、会社を辞めた瞬間クソ上司からのパワハラがなくなりました。


僕はこのブログでメンタルの改善には、人に話すことやノートに書くこと・運動をすることを推奨しています。


それだけでなく、自分にパワハラしてくる人や害を与えてくる人と縁を切ることはメンタルの改善に即効性と高い回復効果が見込めます。


マジメな人はどんな人とも平等に接しようとしてしまいがちですが、自分に理不尽な対応をしてくる人間なんて関わらなくて大丈夫です。


サッサと縁を切り、自分のことを大切にしてくれる人や愛してくれる人に向き合いましょう。


それと会社を辞めたら、今まで会社に割いていた時間を全て大切な人たちに充てることができるようになりました。


家族・親戚・友達・恋人。


優しくて、自分のことを本当に思ってくれている人とだけ関われるようになったのは本当に心が安らぎました。


今思えば貴重な自分の人生の時間を、どうして自分を大切にしないクソ上司たちと長らく過ごしていたのか不思議に思います。


好きで、優しくて、自分を愛してくれる大切な人たちと、穏やかな時間を過ごす。


こうした時間を過ごすことは、毎月の給料より大事なんじゃないかなと思いました。


↓どうしても精神的に辛いなら、オンラインカウンセリングに相談するのも一つの手ですよ。


夜遅くまで残業する必要がなくなった


これも会社を辞めた瞬間から得られるメリットですね~。


僕はそこまで残業が多かったわけじゃありませんが、通勤に片道2時間かかるところだったので必然的に時間がなくなっていました。


残業が少なくても通勤時間が長すぎれば、結局残業してるのと変わらないですよね。


話を残業の多さに戻すと、日本は世界トップレベルの労働時間の長さで有名な国です。


労働時間が長いわりに、生産性も最低レベルの国です。


働き方改革で残業を抑制したり減った会社も多いみたいですが、それでもまだまだ残業が多いのが日本の実情です。


そして会社を辞めたら、当然ながら残業時間が0になります。労働時間も0ですが(笑)


長時間労働や休日出勤で健康や精神に影響が出るくらいだったら、真剣に退職を検討しましょう。


会社にいるとついつい視野が狭くなりがちですが、「会社を辞めたら人生終了」みたいなことはあり得ません。


今はどこも人手不足なので意外とスンナリ転職できたり、意外なところから声がかかることだってあります。


「ここを辞めたらもう再就職できないぞ」みたいに脅してくるバカがいますが、気にする必要はありません。


どこかに自分のことを必要としてくれる人も、大切にしてくれる人も必ずいます。


会社を辞めたって死なないし、色んな方法で生きていくことができます。


残業が多くてつらすぎるなら、無理をせず転職や退職をしましょう。

まとめ


会社を辞める前は「会社辞めたいけど、辞めたら全て終わりだ。。。」と思い込んでましたがそんなこと全くありませんでした。


むしろ得たものの方が多いと思っています。


ボロボロになりながら働いていた頃よりお金はないけども、今の方が幸せなんですよね。


それはブラック企業を辞めたことで、時間の余裕や慢性的なストレスからの解放、穏やかな心を取り戻すことができたからです。


ゆっくり休むこともできたので、そろそろ転職活動を再開します。


長い時間や休むことができたおかげで、やりたいこともようやく見えてきました!!


ここからはやりたい仕事に就くために、頑張っていきます!!


それでは。

スポンサーリンク

仕事・キャリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました