ブルーロックに学ぶ「再現性」と「方程式」の話

Life・Work

スポンサーリンク

2022年10月に週刊マガジンで連載中のデスゲームサッカー漫画「ブルーロック」がアニメ化されます。

 

ブルーロックはめっちゃ面白いので、2021年に大ヒットした東京リベンジャーズ並みの人気になると僕は予想しています。

 

ブルーロックはサッカー漫画ですが、僕が読んだところ「ビジネス」や「自己啓発」にも大いに役立つ考えが載っています。


今回はその中でも群を抜いて僕たちの人生に役立つ「再現性」「方程式」の話を書いていこうと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

奇跡のゴールなんて狙うな


僕がブルーロックを読んで最も衝撃を受けたセリフは「奇跡のゴールなんて狙うな」というセリフです。

 

一瞬「えっ?」と思うじゃないですか。

 

まるでスポーツ漫画の王道を否定するかのようなこのセリフ。


漫画だけでなく現実のスポーツでも奇跡のゴールやプレーは賞賛されますもんね。

 

しかしブルーロックのボスである絵心(えご)はそれを否定するのです。

「奇跡のゴールを決めてもそれだけで終わってしまう選手は世界でも多い。」

 

「なぜ同じようにまたゴールを決められないのか。」

 

「それはそのゴールが偶然の産物に過ぎないからだ。」

 

「ではどうすれば常にゴールを生み出せるようになるのか?」


「そのために必要なのが「再現性」と「方程式」だ」

ブルーロックの再現性とは


ブルーロックでいう「再現性」とは「どんな状況でも同じ結果(ゴール)を生み出せること」です。

 

「偶然うまくいった」「まぐれでゴール決まった」「たまたま勝った」

 

これじゃダメなんです。

 

どんな状況でも常に結果(ゴール)を生み出せる「再現性」がないとダメなんです。

 

つまり奇跡のゴールではなく、いつでも同じ結果(ゴール)を再現する力こそが重要だということですね。


この考え方は僕たちの日々の生活にも言えることです。


「たまたま」「偶然」「奇跡的に」うまくいった、ではなくて「常に成功を再現する法則を見つけること」


これが重要なんです。


とはいえ再現性が大事と言っても、どんな状況でも結果(ゴール)を生み出すのって難しいですよね。

 

そこで必要になってくるのが「方程式」なんです。

再現性を高める方程式


「方程式」とは「自分が結果(ゴール)を生み出すための必要条件」のことです。

 

作中では「自分のゴールがどんな条件下で決まったのか分析しろ」とあります。

・ゴールまで何メートルだったのか?

・ディフェンダーは何枚いた?

・どこでパスを受けた?

・その時何を感じていた?

それらの条件を明確にして、常にそれを「再現」できるようにしなければならないと。

 

それらの「己が最も輝くための条件」こそが「方程式」であり、世界的ストライカーは「自分だけの方程式を持っている」と主張しています。

 

そしてこの「再現性」と「方程式」はサッカー選手だけに求められるモノではありません。

 

僕たちの生活にも「再現性」と「方程式」は全然活かすことができます。

己の方程式を見つけ出せ


サッカーに限らずとも、みなさんも仕事やテストで調子のいい日や好成績を出せた日があると思います。

 

それを「たまたま」で終わらせるのではなく、その時の状況を分析して次にも再現できるようにするのです。

 

例えば僕は今、毎日快眠で体調も良いというコンディションを常に維持しています。

 

これも「たまたま」ではなく、「狙って」再現しています。


自分の場合

・最低6時間眠る

・0時10分までには確実に眠り始める


・寝る1時間前に熱いお風呂に入る


・前日のストレスを可能な限り減らす

これらの条件を毎日守って生活にしています。


つまり今挙げた条件こそが、僕が毎日の快眠と好調を「再現」する「方程式」だということです。

 

この「方程式」によって毎朝目覚ましが鳴る前に目覚めて、余裕をもって準備して出勤するという日々を送っています。

 

僕も大学生の頃は毎日寝坊して時間ギリギリに焦って通学し、汗だくで電車に乗るみたいな日々を送ってました。

 

その時を思うとずいぶん変わったと思います。

 

そしてこの「方程式」は1日のコンディションだけでなく、仕事やオナ禁にも応用できます。


ぜひとも自分がうまくいくための「方程式」を見つけて、それを常に「再現」できるようにしていきましょう。

方程式の見つけ方


今でこそ自分も方程式を見つけ出していますが、最初から見つけられた訳じゃありません。

 

ではどうやって方程式を見つけたのかというと、それは日記を書くことでした。

 

「自分がなぜ今日うまくいったのか?」を分析してノートに書き出すのです。

 

ノートに「うまくいった要因」や「新しく試したこと」を書き出して試行錯誤する内に、「自分がうまくいくための方程式」が見つかるハズです。

 

頭の中で「だいたいこれのおかげじゃね?」みたいに思ってても数日経ったらすぐに忘れてしまいます。

 

どんな優秀な脳みそも鉛筆一本には敵わないのです。

 

なので日記に書いて、「自分がうまくいくための条件」を明確にしていきましょう。

 

その条件が見つかって、自分の生活で常に「再現」ができるようになったら「方程式」を見つけたことになりますね。

まとめ


今回は「ブルーロックに学ぶ再現性と方程式」について書きました。


「自分の成功体験を再現できる方程式」を見つけると、日々の生活がとても楽になってきます。


自分の見つけた「方程式」を守って生活するだけで、自分の求めた結果が悠々手に入るからです。


つまり「方程式」を見つけると、労せずに優れた結果を常に「再現」できるようになるのです。


何も考えずに目の前のことをこなすのではなく、常に自分が力を発揮するための条件
を見つけた方が物事は確実にうまくいきます。


「再現性」と「方程式」についてより詳しく知りたい方は↓のブルーロック4巻に詳しく描かれているのでぜひクリックしてみてください!


それでは。

スポンサーリンク

Life・Work
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました