筋トレやりたくない日の対処法について【無理に頑張らなくて大丈夫です】

筋トレ

スポンサーリンク

・筋トレしたいけど今日はやりたくない…


・筋トレしたくないけど今日筋トレしないと他にできる日がない…


・筋トレ休むことに罪悪感を感じる…


筋トレ歴の長いトレーニーの人ほどこんな悩みを感じたことがあるのではないでしょうか?


こんにちは、ベンチプレスは90キロのlemonboyです。もうすっかり年末ですね。


筋トレが大好きな人でもどうしても筋トレをしたくない日やなぜか気分が乗らない日ってありますよね。


そして筋トレできない自分に罪悪感を感じてしまったり…


真面目な人や優しい人ほどそんな風に考えてしまいがちです。


そんな日の過ごし方と対処法について今回は書いていこうと思います!

スポンサーリンク

筋トレしたくない日は無理に筋トレしなくて大丈夫


結論から言うと「筋トレしたくない日は無理に筋トレしなくて大丈夫」です。


日々一生懸命筋トレを継続している人ほど「気持ちに負けず筋トレ頑張らなくちゃ」「今筋トレしなかったら筋肉が落ちる!」という不安からなんとか筋トレしようとしがちです。


もっと言えば筋トレを休むことに罪悪感を感じてしまうことも多いのではないでしょうか?


僕も週に2.3回ですが、ジムでの筋トレを4年間続けているので気持ちはよくわかります。


でも人間どうしても気分の乗らない時はあります。


そんな時は無理せず心の声に従って、筋トレをお休みした方がいいと僕は思います。


というのもいつもなら筋トレができるのに「今日はやりたくないな…」と思うのは何か原因があるからです。

原因①疲れが溜まっている


「筋トレしたいけどやりたくない…」


こういう人は日々の疲労が溜まっているのが原因だと思います。


ジムでトレーニングしている人のほとんどが社会人として働いていることでしょう。


そんな皆さんには言うまでもないことですが、働くのって大変ですよね。


人間関係や残業でストレスを感じて日々疲れは溜まるし、最近は寒いからそれもストレスと疲れになってしまうし。。


僕もコロナ収束してきてリモートワークから出社になったため、毎日ヘトヘトで「筋トレどころじゃない…」という日が増えました。


今では「筋トレとリモートワークは相性最高だったんだなあ…」と思ってます笑


こんな風に肉体的にも精神的にも疲弊しきったら体が休みを求めるのは当然ですよね。


むしろ「筋トレしたくない」というのは体が休息を求めているサインだと言えるでしょう。


筋肉のために筋トレをしたい気持ちはよくわかります。


ですがその状態で筋トレをしても、余計に疲れが溜まってしまって体調が悪くなってしまいます(経験談)。


筋トレを休むことに罪悪感を感じる気持ちはよくわかりますが、今は自分の体と命を守るためにゆっくり静養しましょう。


なんならジムのお風呂だけ利用してゆっくりするだけでも結構気持ちは違ってきますよ。

それでも筋トレがしたい時は


ただ「それでもオレは筋トレがしたいんだ!!」という方にはモチベーションを上げる方法もあるのでお伝えしましょう。


あくまで僕のやり方ですが「アクション映画を観ること」です。


007やミッションインポッシブルなどの派手なアクションシーンを観ると「オレも筋トレしてこんな体になりてぇ!!」となることが多いです。


あれ、ならない?自分だけかな笑


この記事を書いている今は2021年の年末なのでSASUKEなんかを観ると筋トレしたくなるかもしれませんね。


ムリに筋トレを頑張らなくても大丈夫です。


ゆっくりアクション映画を観て、次の筋トレへのモチベーションアップにつなげるのも十分効果的ですよ。

まとめ


今回は「筋トレをしたくない日の対処法」について書きました。


筋トレを頑張り続けるのはもちろん立派だし、素晴らしいことだと思います。


だけど人生と同じで筋トレにも空模様があります。


夢中になって猛烈に頑張れる日もあれば、この記事を読んでる時みたいにどうしても頑張りたくない時だってあります。


そんな時は無理をせず、一度立ち止まってゆっくり休みましょう。


休むことは決して悪いことではないし、サボっているわけではありません。


これは仕事にも言えることですね。


疲れたら休む。頑張れる時は頑張る。


こんな感じで自分の体の調子と相談しながら、マイペースに頑張っていきましょう。


僕もこんな調子で2022年も筋トレを頑張りたいと思います!


それではよいお年を。

スポンサーリンク

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました