【有効活用】大学生の有意義な時間の使い方4選!

Life・Work

スポンサーリンク

自分は今大学生なんですが、空き時間の有効活用方法を教えてください!

先日僕が運営するオープンチャットにこういった質問があった。


文理にもよるけど大学生は基本的には時間があまりがちになる。毎日が多忙な人もいれば、時間を有効に使えず悩んでいる人もいる。


今回はそんな「大学生の有意義な時間の使い方4つ」を書いていこうと思う。

スポンサーリンク

大学生の有意義な時間の使い方4選

①女修行

②旅行

③アルバイト

④副業・小さなビジネス

かつては僕も大学生時代、有り余る時間をムダにしまくっていた。


その反省も込めて「今自分が大学生に戻れたら何をやるか?」を考えたら、上記の4つになった。


一つ一つ解説していく。

①女修行


あなたがヒマしてる男子大学生なら絶対にやるべきは「女修行」である。別に修行と言ってもそんな大げさなものではなくて

・童貞を卒業する

・彼女を作る

・セフレを作る

・経験人数を増やす

など一通りの恋愛を経験しておくことと、恋愛や非モテに関するコンプレックスを解消しておくこと。


時間のある大学生のうちに恋愛のコンプレックスは絶対に解決しておこう。自信がないとか言ってる場合じゃない。


なぜなら社会人になったら仕事に人生の2/3の時間を奪われるから、社会人になってから恋愛を頑張るのは時間の制約をめちゃくちゃ受ける。


もちろん社会人からでも無理とは言わないが、若くて時間のある大学生の方が絶対に有利だ。


マッチングアプリなどを使った人はわかると思うが、社会人同士だと予定を合わせるのが難しくそのまま話が流れてしまうことが多々ある。


だから時間と若さのある今のうちに飽きるまで恋愛を頑張るべきなのだ。


ダマされたと思って一度ちゃんと恋愛に向き合ってほしい。


社会人になってから「時間のある大学生のうちに女修行しておくべきだった…」と嘆いても遅いのだ。

 

無料恋愛メルマガのご登録はコチラ!!

②旅行


2つ目におススメしたいのは「旅行に行く」こと。


もう大学生ならバイトしてお金を稼いで絶対に旅行に行った方がいい。


友達がいないなら一人旅すればいいし、お金がないならヒッチハイクにチャレンジしてみよう。


4つのおススメを書いたが、旅行だけは絶対にやった方がいい。


よく言われていることだが、社会人になったら嫌でも時間がなくなる。1週間どころか3日の連休すらとれにくくなってしまう。


だからこそ時間に余裕のある内に旅行に行った方が絶対にいいし後悔しない。国内でも海外でもどっちでもいい。


とにかく感性の若い大学生のうちに知らない世界を見ることは、自分の人生を大きく広げてくれる。


新しくやってみたいことが見つかるかもしれないし、旅先で恋人ができるかもしれないし、移住したい場所が見つかるかもしれない。


旅に出る前と帰ってきた後とでは、大袈裟でなく違う自分になっている。旅は人を成長させるのだ。


「旅行したいけどお金がない…」という人は、旅行しながらアルバイトをする「おてつたび」「タイミートラベル」と言ったサービスを使ってみよう。


同じような価値観を持った人に出会えることもあるし、就活の時にも話のネタになりやすい。


今は色んなサービスがあってお金がなくても旅行できる方法がいくらでもある。ぜひやってみてほしい。

お得に旅する!国内線格安航空券

③アルバイト


3つ目はアルバイト。意外かもしれないが、アルバイトすることも充分時間を有効活用できている。


理由は2つあって

①お金を稼げる・貯めることができる

②自分の向いている仕事がわかる

というメリットがあるからだ。この2つを達成できれば社会人になってからもめちゃくちゃ役立つ。


1つ目のメリットは「お金を稼げる・貯める」ことができること。当たり前のようだがこれはめちゃくちゃ大きなメリットだ。


お金はあって損をすることはない。


「時間はあるけどやりたいことが見つからない人」はその時間をアルバイトに充ててお金を稼いでいこう。


なぜならやりたいことが見つかった時にお金がなかったら、やりたいことを始められないというデメリットがある。


そして何より社会人になった時に、もしあなたがブラック企業に当たってしまっても貯金があれば辞めて無職になることができる。


学生時代のうちにお金を稼いでおけば、あなたがやりたいことが見つかった時やピンチの時に役立てることができる。


だからこそアルバイトしてお金を稼ぐことと、貯金することはおススメできるのだ。


そして2つ目は「自分の向き不向きがわかること」


これは一つのアルバイトを続けるというよりは、色んなアルバイトをすることに意味がある。


就活でも転職でも「自分のやりたいことは何だろう?」と考える人が多い。


もちろんそれも大事だが、それ以上に「自分には何が向いていて、何が向いていないのか?」をハッキリさせる方が重要だ。


なぜなら仮にやりたいことがあったとしても「向いていないこと」だったら苦しくなるし、結局長続きしない。

・自分は人と関わる仕事が向いているのか?

・リモートワークの方が向いているのか?

・肉体労働と頭脳労働どっちが向いているのか?

これらの適性や向き不向きを知るために色んなアルバイトをすることが一番の近道だ。


たかがバイトと軽んじることなく、ぜひ色んなバイトをやってみよう。


色んなバイトをするうちに「自分はこういう仕事が好きだな、向いてるな」ってことがわかっていって、それは就活の時に大いに役に立つ。

専門的なスキルが無くても、フルリモートで正社員を目指せます【ReWorks(リワークス)】

④副業・小さなビジネス


最後はこれ。


アルバイトも大事だが、できるだけ「自分で小さなビジネスや商売」をやってみよう。


これも時間に余裕のある大学生のうちに「自分の力で1円でいいから稼ぐ」という経験をしておいた方がいい。


なぜなら社会人でも「自分の力でお金を稼いだ」経験のある人はめちゃくちゃ少ないからだ。


アルバイトや企業に雇われて働くことももちろん立派だが、それはあくまで「自分の時間を切り売りした対価」としてお金を貰っている。


だから働けば働いたぶんお金を貰えて当然だ。


しかし自分で商売やビジネスをやるとここが決定的に違う。


完全成果報酬であって、自分が成果を挙げることができなければお金を稼ぐことができないのだ。

・ブログなら読者にブログから商品を買って貰わなければならないし

・YouTuberなら、自分の動画を見てもらわなければならないし

・同人作家なら、自分の描いた漫画が売れなければならない

商売やビジネスは働いた時間に応じてお金を貰えるワケじゃない。


勉強したり工夫したりお金を稼げない期間を耐えることも必要になるが、それだけに自分の商品が売れてお金を稼いだ時の喜びはひとしおだ。


自分の商品が売れた時の喜びや1円を稼ぐ難しさ、顧客心理や創意工夫など幅広いことを学べる。


そういったことを学んだ経験は、就職してからも必ず活きる。ぜひ小さく商売やビジネスを始めてみよう。

まとめ


今回「大学生の時間の使い方4選」について書いた。


書いていて思ったが、やっぱり「時間のある大学生のうちにこれをやっておけば…」という自分の後悔がたくさん出てくる。


後悔の全くない大学時代を送れる人なんてほとんどいないだろうが、せめてこの4つをやっておけば後悔する頻度も減るだろう。


時間があるというのは本当に素晴らしいことだ。


時間を有効活用しようと努力するのも悪くないが、友達の家に集まって朝まで宅飲みすることも意外と大事だったりする。


遊びも勉強も恋愛もバイトも旅行もビジネスも全部やれる限りやっていこう。


それでは。

スポンサーリンク

Life・Work
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました