ワクチン副反応で高熱が出てよかったと思えた話【日本人の休み方改革】

Life・Work

スポンサーリンク

こんにちはワクチン2回摂取済みlemonboyです。


みなさんはもうワクチン受けましたか?


僕はワクチン2回目の翌日に38度以上の高熱が出て丸一日休んでいました。


ワクチン打つ前は「熱出てほしくないなぁ。。。」と思ってましたが、今は「熱が出てよかったな」と思っています。


今回はそんな熱と休み方について記事を書いていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

副反応の高熱が出てよかったと思った


結論から言って僕は「ワクチンの副反応で熱が出てよかった!」と思っています。なぜなら会社休めたからね(笑)


もちろん副反応で苦しんだ人もいるので不謹慎かもしれませんが、正直にそう思います。


なんでよかったかというと前述した通り「熱が出たおかげで1日中ゴロゴロ休めた」からです。


「いやいやそんなことかよw」って思いましたか?


けれど仕事終わりや休日にすべてを忘れて思いっきりゴロゴロできる人ってどれだけいるのでしょうか。

lemonboyのnoteが発売中!!
【ーSurviveー ブラック企業に殺されないためのライフハック】

~ブラック企業に殺されなくたくない人必見です。ぜひリンクだけでもクリックしてほしいです~

休日にしっかり休めてる人、あんまりいなくね


仕事終わりや休日に本当の意味で「休めてる」って人あんまいないと思うんですよね。

・持ち帰りの仕事

・家族サービス

・溜まったままの家事

・役所などの手続き


などなど。休みの日には何かと予定が入りがち。


思いっきり羽を伸ばして休めるワケではなく、「やらなきゃいけないこと」に追われてる人多いと思います。


たまにの休日くらいのんびりしたいのに、家事や買い物や役所の申請など休日に充てないとできないこともたくさんありますよね。


また僕もそうなのですが、「休日にゴロゴロ過ごすことに罪悪感を覚える人」もいます。


「あ~せっかくの休日なのにずっとゴロゴロ過ごしてしまった…何か有意義なことやればよかった」みたいな。


「本当はゴロゴロしたいんだけど、怠惰な自分に嫌気がさすので何か予定を入れちゃう人」もいることでしょう。僕もそのタイプです。


また。成長志向の強い人は時間があるからこそ休日に副業や筋トレに精を出しているという人も多いと思います。


頑張っていることは素晴らしいのですが、そうなると今度は「休養」が疎かになりがちですよね。


本来休むべき日である休日なのに、全然休めてないっていう人。結構多いと思います。


そう考えると僕もあなたも含めて、多くの日本人は休日にちゃんと休めていないのではないでしょうか。


僕も時々持ち帰りの仕事があったりして休日にも仕事の対応をしたりしてたので、心置きなく休めない日も多々ありました。


そんな僕の休み方を一変させたのがワクチン副反応による高熱だったのです。

ITエンジニアの就職なら【ウズキャリIT】

発熱でゴロゴロした日には、罪悪感を全く感じなかった

ワクチンを打った僕は翌日ガッツリ熱が出ました。38度4分。


高熱だわ頭は痛いわでかなり苦しい状態でした。


熱が出ることを見越して有給を取って、その日は読書したりスマホいじったりしてずっとゴロゴロしていました。


発熱して寝てる時僕はこう思いました。


「あ、ひさびさに俺罪悪感を感じずにゴロゴロできてるわ」


そう、あれだけ休日にゴロゴロしていることに罪悪感やもったいなさを感じていた自分がなんにも気にせずゴロゴロ休めていたのです。


発熱と頭痛で苦しさはありましたが、皮肉なことにこの状態の方がよっぽど自分は休めていると痛感しました。


すべてを忘れて100パーセント休むことに集中している自分がいる。そんな感じでした。


でもなぜ休日にゴロゴロするのに罪悪感を感じるのに、発熱でゴロゴロした時はまったく罪悪感を感じなかったのか?


それは次の言い分があったからです。

ゴロゴロしてるけどしょうがないよね。熱なんだもん


この言い分が使えることが最強の免罪符でした。


そう、副反応で熱が出てるからこそ「ゴロゴロしてるけどしょうがないじゃん。だって熱なんだもん」と開き直ることができたのです。

 

仕事休んでゴロゴロしてるけどしょうがないよね、熱なんだもん

本当は筋トレしなきゃいけないけど休んでるよ、だって熱なんだもん

丸一日ネットと読書して寝てるけどしょうがないよね、熱出てるんだもん


この「熱が出てるんだからしょうがないよね」理論を使えたことで、僕は本当に久しぶりに思い切り休むことができました。


これは健康な時にはできないことだったと思います。


健康だからこそ休日に予定を入れちゃうし、自己研鑽に充てたり、ゴロゴロしてることに罪悪感を抱いてしまうんですよね。


発熱して休まなければならない状態だからこそ、「すべてを脇に置いてゴロゴロ休むことに集中する」という選択肢を優先できたのだと思います。


もちろん健康はとても大事ですし、ワクチンの副反応だって苦しいものです。


それでも僕は副反応で熱が出たからこそ、罪悪感を感じることなく思いっきりゴロゴロして全力で休むことがようやくできました。


不謹慎かもしれませんが、今一度この言葉を書きたいと思います。


「副反応で熱が出て本当によかった」と。

lemonboyのnoteが発売中!!
【ーSurviveー ブラック企業に殺されないためのライフハック】

~ブラック企業に殺されなくたくない人必見です。ぜひリンクだけでもクリックしてほしいです~

まとめ


すべてを忘れて、何も気にせずに、とにかく休む。


一見カンタンそうに見えることですが、大人になるとちゃんと休むということが難しくなるのかもしれませんね。


というか書きながら「熱が出ない限り安心して休めないってどうなんだ…?」とも思えてきました笑


気づかぬうちに無理をして、疲れが溜まってる人も多いと思います。


副反応ではなく本当の熱が出てから全力で休むのではなく、適度に自分を甘やかしてしっかりゴロゴロすることも大事なのだと感じました。


頑張ることも大事ですが、今日は一旦休んでゴロゴロしましょう♪


それでは。

スポンサーリンク

Life・Work
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました