悩みがあるならTwitterでつぶやいちゃえば?

Life・Work

スポンサーリンク

こんにちは、人生に悩めるlemonboyです。

 

今回は「悩み・不安・ストレス」について考えてみたことを、そのまま記事にしました。

 

誰にも言えない悩みや不安はノートに思いっきり書きなぐるのも効果的です。


そして最近は
Twitterでつぶやくっていうのも意外と効果的なんじゃないかと思えてきました。

 

大量のアカウントが存在するTwitterなら、自分と似たような境遇の方や、同じような悩みをもっている人もたくさんいます。

 

現実世界だとどうしても理解されにくかったり、言いにくい悩みもTwitterなら気軽につぶやくことができます。


そしてそれを見た誰かからアドバイスや応援メッセージが届くこともあるんですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

温かいメッセージが送られてくることがある

↑今はアカウントがなくなってしまいましたが、かつて同じオ〇禁ファイターのつたかずらさんから温かいメッセージを受け取ったことがありました。


あの時人生のどん底にいた僕にとって、本当に支えになった言葉でした。ありがとうございます。


Twitterには心優しい方々もいて、温かいメッセージを送ってくださる方がたくさんいらっしゃいます。本当にありがたいことです。

 

役に立つアドバイスかどうかなんて関係なく、自分のために温かいメッセージを送ってくださったこと。これ自体が嬉しいのです。

 

受け取った方なら僕のこの喜びの大きさがわかると思います。

 

どこの誰ともわからない馬の骨に、わざわざ時間をかけてメッセージを送ってくれる。。。

 

わざわざ送ってくれるということは、僕のことを考えてくださり、少しでも力になりたいという善意から行った行動であるからです。


やっぱり、そういう気持ちは嬉しいですよね。


副アカウントでつぶやこう

いわゆる「裏垢」ってやつになっちゃうと思いますが、別にそんなの気にする必要なんてないです。

 

本アカウント=プライベートの人間関係のアカウントでこれをしてしまうといわゆる「病みツイート」扱いされてしまいます。

 

リアルの人間関係でこれをやってしまうと、残念ながら変な目で見られてしまうのがオチでしょう。

 

そうした厄介事を避けるためにも、副アカウントでつぶやく方がいいです。

 

副アカウントなら鍵をかけずに公開しているアカウントなので、メッセージを送ってくださる可能性がグッと高まりますよ!!


SocialDog

まずは自分からメッセージを送ってみよう

人間だれしもGIVEよりTAKEが好きなもの。与えるよりは、与えられた方が嬉しいですよね。僕だってそうです。

 

しかし、世の中は「GIVE&TAKE」で成り立っています。

 

自分が何も与えもしないのに、一方的に与えてもらおうとするのはよくないです。


「自分が欲しいなら先に与えること」


これが重要なんですね。

 

「欲しいものがあるなら、先に与える事」

まずは自分からメッセージを送ってみましょう。

 

そうすれば忘れたころに、誰かから温かいメッセージが送られてくるでしょう。


善い行いをすれば、時間がかかってもきっと自分のところへ返ってくるものくるものです。

 

日本人は温かい方が多い

Twitter / ?

主婦ブロガーのさつきさん。かつては僕のブログを応援して下さったり、気にかけてくださる素敵なお方です。


今はアカウントを消してしまったようですが、いつも僕に温かい言葉をかけて下さった方でした。

 

やっていて思うのですが「日本人、優しくて温かい人多いなあ。。。」ということです。

 

顔も名前も知らない1アカウントにわざわざ温かい言葉や、応援の言葉をかけてくれる。。。

 

Twitterは修羅の国」なんて言われていますが、温かいメッセージを贈られたこともありますし、応援し合っているアカウントをみかけたことも何回もあります。


意外と日本人もTwitterも温かいし、捨てたもんじゃないなと思います。


SocialDog

Twitterだと面と向かって褒められるのかも

僕の考察なのですが、やっぱりシャイなお国柄が影響してるのかなって思います。

 

どうして身近な人に面と向かって褒めたり、すごいところを伝えてあげないのかと言えば「恥ずかしい」という思いがあるからだと思います。

 

僕もそうです。友達や親に面と向かって日頃の感謝や、尊敬しているところを伝えるなんてこと恥ずかしくてできやしません。

 

それがお互い顔も名前も隠した状態なら、気軽に褒めたり応援したりできるようになるんじゃないかと思います。

 

というか、本来日本人は内心では誰かを褒めたり応援したいという優しい深層心理があるんじゃないかと思います。

 

現実世界では恥ずかしくてできないことが、ネット世界になることでできるようになっているのかもしれませんね。

 

イケダハヤトさんや、はあちゅうさんなどのインフルエンサークラスになると、悲しいことに誹謗中傷のメッセージが送られてくることは日常茶飯事なようです。

 

僕はまだアンチが付くレベルのアカウントではないこともあって、そうした誹謗中傷に悩まされたことはないです。

 

もしかしたら、いずれそうした誹謗中傷に苦しむ日がくるのかもしれませんが、その時は自分の味方でいて下さったフォロワーの皆様のことを思い出そうと思います!!

 

まとめ

なんだが書いていて心が温かくなってきました(笑)


そのくらい自分はTwitterでも人に恵まれているんですね。改めて思いました。


人間一人では抱えきれないこともあるし、愚痴を言わなければ潰れてしまうことだってあります。

 

ですが「現実世界でムリをしているなら、せめてネット世界くらい弱音を吐いたっていいじゃない」と僕は思うのです。

 

「病んでる」と思う人だっているでしょうが、その中には応援してくれる人だっているのです。

 

っていうか本当に潰れてしまうくらいなら、「病んでる」と思われても救いの手を求める方がいいと思います。

 

スマホ一つで悩みを共有し、応援し支え合える時代が来たことは素晴らしい進化だなと感じるばかりです。

 

もしかしたらSNSは社会だけでなく、個人同士の悩みや苦しみも共有し、互いに応援し合う「つながり」を作り出したのかもしれませんね。

 

それでは。

lemonboyのnoteが発売中!!
【ーSurviveー ブラック企業に殺されないためのライフハック】

~読んだらブラック企業に殺されなくなります。ぜひリンクだけでもクリックしてほしいです~

スポンサーリンク

Life・Work
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました