【感想】テストステロンがドバドバ出る映画「トランスポーター」

Life・Work

スポンサーリンク

こんにちは、好きな車はジープなlemonboyです。


前回につづいて今回もテストステロンがドバドバ出る映画をご紹介します!


今回紹介する映画は「トランスポーター」!!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジェイソン・ステイサムが超カッコいい


トランスポーターとは、みんな大好き世界一カッコいいハゲこと「ジェイソン・ステイサム」が大活躍するカーアクション映画です。


そしてこのジェイソン・ステイサムがめちゃくちゃカッコいい。もうこれだけでテストステロンが出るレベルです。


高級スーツをビシッと着こなし、愛車の
BMWを華麗に運転し、確実に任務を遂行する仕事人。


男ならこういうスマートでタフな男に憧れますよね。


そんなジェイソン・ステムサムの活躍をふんだんに観ることができる映画です。

カーチェイスの疾走感とスタイリッシュさが最高

トランスポーター1 追跡シーン


運び屋を主人公としたこの映画は、当然カーチェイスが目玉です。


↑の映像にもあるように、ステイサムはBMWを華麗なドライビングテクニックで運転し膨大な数のパトカーの追跡から逃れます。


その際スタイリッシュな運転技術と手に汗握るカーチェイスのシーンは観てるこっちも漲ってきますよね。


こうした緊迫感のあるカーチェイスを観ることで、自然とテストステロンも放出されていきます。


車好きの男だったら一度は憧れるような運転シーンが多く登場します。


日本は道が狭くて車も多いのでワイルドな運転どころか、猛スピードでブッ飛ばすことすらできないですもんね。


トランスポーターはそんな車にまつわる男の夢とロマンが詰まった映画だと言えるでしょう。

車はテストステロンが増える乗り物


アクション映画は多数ありますが、トランスポーターが
他の作品と決定的に違うところは「車」を重点に置いているところです。


運び屋の映画なんだから当然だろと思うかもしれませんが、「車」こそがテストステロンがドバドバ出る理由の1つになっています。


そもそもの話になりますが、車という乗り物自体がテストステロンが多く出ると言われています。


運転したことがある人はわかると思いますが、運転中は適度な緊張感と集中が必要になります。


どんなに運転に慣れたとしても、運転は「事故で命を失うかもしれないリスク」を常に背負っていることに変わりありません。


テストステロンは競争や戦闘など「命の危機がある状態」において放出されるホルモンなので、車の運転にもテストステロンが出やすいのだと思われます。


それに学生時代とか思い出してみてもヤンキーとかヤンチャなヤツって決まって車やバイクが異様に好きですよね?


これはやっぱりヤンキーという人種自体がテストステロンが高いため、自然と車やバイクに惹かれるのだと思います。


また昔は車に興味がなかったとしても、成功者が高級車に興味を持ち出したり購入することもたくさんあります。


これも成功する過程の中でテストステロンが増加し、車への関心が増えるからなんじゃないかなと自分は思っています。


そう考えると「車への関心度」「現在のテストステロンの高さ」に比例しているのかもしれませんね。

もちろんバトルアクションもある

https://youtube.com/watch?v=CUuSo2ngEsU

トランスポーターは運び屋の映画ですが、もちろんバトルアクションシーンもたくさんあります。


筋肉隆々のステイサムが圧倒的なパワーで無双しまくるシーンの爽快感は最高です笑


やはりテストステロンを増加させるには「抗争」や「競争」といったわかりやすいバトルシーンを観るのが手っ取り早いです。


カーチェイスだけでなく、ワイルドなバトルアクションも盛りだくさんなところがより一層僕たちのテストステロンを増加させてくれますよ。

まとめ


今回はテストステロンがドバドバ出る映画シリーズ第三弾として「トランスポーター」を紹介しました!!


トランスポーターは1時間半の映画ですが、とてもテンポがよくスピード感あふれる展開なのであっという間に見終えてしまうことでしょう。


そのくらい観客を引き込む魅力ある映画です。


今回はトランスポーター1のみを紹介しましたが、続編である2やアンリミテッドもテストステロン全開の映画になってます。


今(2022年8月現在)はAmazon prime videoで配信されているので、ぜひぜひ観てほしいですね。


それでは。

スポンサーリンク

Life・Work
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました