いくら筋トレだけ頑張ってもモテないという話

筋トレ

スポンサーリンク

先日Twitterでハナさんという方が「モテたい全男が読むべき4ページ」として下のマンガをUPしていた。



モテない男4人が筋トレしてテストステロン高めて、モテるようになって彼女を作ろうと結束する熱いシーンだ。


僕の所属している禁欲ファイターや男磨き界隈の人たちはこの4ページに強く共感することだろう。


しかしこのマンガには1点だけ大きく誤って認識してしまいかねない箇所がある。


それは「筋トレだけ頑張ってもモテるようにはならない」ということ。


ここを間違える人が本当に多いので、筋トレだけしてもモテるようにはならないということをテーマに記事を書いていく。

スポンサーリンク

モテるために筋トレだけ頑張るのは非効率


まず誤解してほしくないのは、筋トレがモテることに全く意味がないということじゃないということ。


むしろ女の子にモテることに全振りしているナンパ界隈の方々も筋トレは推奨しているし、僕も筋トレは大好きだ。


引き締まったマッチョボディは魅力的だし、筋肉好きの女性が多いのも事実。


しかし安易に「筋トレすればモテるようになるんだ!!」と思い込んでひたすら筋トレをするのは間違っている。


過去の僕もそうだったからエラそうに言えないが、女の子にモテるようになりたいのになぜかひたすら筋トレだけ頑張ってしまう人が多い。


しかもこういった傾向は、僕が所属している禁欲ファイターや男磨き界隈の人にめちゃくちゃ多い。


筋トレを頑張りたいのは結構だが、モテたくて筋トレをするのは非効率極まりない。それをこれから書いていく。

 

無料恋愛メルマガのご登録はコチラ

筋肉はモテるための絶対条件ではないから


なぜモテるために筋トレだけやるのがよくないかというと、筋肉はモテるための絶対条件ではないからだ。


考えてみてほしいのだが、あなたの周りのモテる男はみんな筋骨隆々のマッチョマンだろうか?


多分違うだろう。


モテる男の代名詞であるホストやジャニーズなどを見れば一目瞭然だが、彼らはマッチョどころか華奢な体つきをしている。


おかしいじゃないか。


筋トレしてマッチョになればモテると聞いたのに実際には貧相でガリガリな男がモテているのが現実じゃないか。


このように現実の状況に当てはめて考えてみると、筋肉なんて全然なくてもモテる男はモテるのだ。


つまりこのことから何が導き出せるかというと、女の子にモテるための要因として「マッチョであるかどうか」なんてほとんど関係ないのだ。


確かに筋肉があって損することはない。


しかし女の子にとっては「好きな男の子に筋肉があればいいな♡」くらいの軽い気持ちなのだ。


それなのに現実を無視して「筋トレすれば顔と身体が引き締まってテストステロンが出てモテるようになるんだ!」と言ってひたすら筋トレするのは言っちゃ悪いが滑稽この上ない。


オナ禁すれば女の子が勝手に寄ってきてモテるようになると思っている男と同じくらいおめでたい頭をしている。


ちょっとキツイ言い方になってしまったが、筋肉は女の子にモテる上での絶対条件ではないのだ。


筋トレを頑張るのも大事だけど、このことを頭に入れておかないとあなたの努力がムダになってしまう可能性が高い。

 

恋愛をイチから学びたい方はコチラ!!

それでもモテたければ筋トレはマスト


さて、ここまででひたすら「筋トレしてもモテるようにはならない!」と書いてきた。


しかし「筋トレがモテることに全く無意味か?」と言えばそれは違う。


むしろモテるために筋トレは「絶対条件」ではないけれど、筋トレは「必要」ではあるのだ。


どういうことかというと

・筋肉好きな女性に刺さることがある

・アンチエイジングして若さを維持できる

・筋肉はないよりはあった方が女子ウケもいい

・デブだったりだらしない体だったら恋愛のステージにすら立てない

など恋愛というゲームに参加する上で、筋トレは「必要」になってくるケースが多いのだ。


実際僕も筋トレを始めてから女の子に「なんかカッコよくなったね笑」と言われたことがある。


だから恋愛について発信しているアカウントの大多数は、筋トレを推奨しているのだ。


つまり恋愛やモテにおいて筋トレは「必要」ではあるけれど、筋肉があるからと言って「絶対モテる」というワケではないのだ。


ここまで読んで「筋トレすればモテるんだ!」と言って筋トレだけ頑張るのがどれだけ非効率かわかってくれただろうか?


そして続いてはどうすれば「筋トレしながらモテるのか?」について書いていく。

 

オンナのホンネを知りたい方はコチラ!!

モテるために大事なことは筋トレと○○


ここで改めて冒頭のハナさんが紹介した4ページを読み返してみよう。


漫画の中で彼らも男磨き界隈の連中みたいに「モテるために筋トレとランニングしよう!」と言っている。


しかし男磨き界隈の連中と決定的に異なるのは、最後に一番大事なこととして「女性と毎日コンタクトを取ること!」と言っている。


そう、モテるために必要なのはオナ禁でも筋トレでもない。


ただ「彼女ができるまで毎日新規の女の子にアタックし続ける」こと。たったこれだけ。


結局女の子にモテるようになりたいのであれば、女の子に向き合う以外
ないのだ。


過去の僕もそうだったが、モテたいのになぜオナ禁や筋トレばかりやってるのかというと結局女の子に向き合うのが怖いだけだ。


その自覚があるならまだマシだが、ひどい奴になると「男磨きだぁ!」とか言ってひたすら間違った方向への努力を続けてしまう。


そして「こんなに頑張ってるのに全然モテない!世の中間違ってる!」とか言い出す。目を覚ませと言いたくなる。


モテたいのであれば筋トレする以上に

・マッチングアプリに登録する

・チャットアプリで女の子と通話する

・美容院で髪と眉毛を整える

・オシャレな服と靴を買う

などの「モテる・彼女を作る」ということに直結する努力をした方が効率がいいし結果も出る。


ちょっと嫌な言い方になってしまったけど、筋トレする継続力があるなら女修行する力だって絶対にある。


もちろん必ずうまくいくとは言えない。


しかしあなたは、やるかやらないかで言えばどっちがいいと思う?

 

無料恋愛メルマガのご登録はコチラ

まとめ


今回は「筋トレだけ頑張ってもモテるようにならない」ということをテーマに記事を書いた。


ここは意外と陥りがちなワナで、モテるようになりたいと言ってオナ禁や筋トレだけ頑張ってしまう人が本当に多い。


というより「自分は筋トレ頑張っているから」といって女の子に向き合うのが怖いからその口実に筋トレを使う雑魚男が多いと言った方がいいかもしれない。


この傾向は男磨き界隈の連中に本当に多い。


そのクセ「こんなにオナ禁や筋トレ頑張ってるのにモテない…」と言って勝手に病んでいく。


傍から見ればもう「バカなんじゃないか」と思えてくるが、昔の自分も同じような感じだったからつい記事にした。


厳しい言い方になってしまったけど、モテるようになりたいなら絶対に避けられないのが「女の子と向き合うこと」。


そしてそのために必要な武器になってくるのが筋トレやオナ禁なのだ。


それらはあくまで武器であって、それらだけやってもモテるようにはならない。


筋トレもオナ禁も好きに頑張ったらいいが、モテたくてやってるなら女の子と向き合うことは絶対に外してはならない。


そこだけ覚えていてほしい。


それでは。

スポンサーリンク

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました