モテる男になりたければブスを抱けという話

恋愛・デート

スポンサーリンク

今は非モテだけどいつかモテる男になりたい!!

まずは経験人数10人を突破したい!!

女に困らない生活をしたい!!

こんな願望をあなたは抱いたことがないだろうか?男なら誰しもモテるようになりたいものだ。


今回の記事はそんな「モテる男になりたいなら避けては通れない道」について書いていく。


この記事をちゃんと読んでその通り実行できたのなら、あなたはきっとモテる男になれることだろう。


多くのモテ男に共通する条件にして、モテる男になりたければ避けては通れない道。


それは「ブスを抱く」ということだ。

 

ブスを抱けるメルマガのご登録はコチラ

モテる男ほどブスを抱いている。


モテる男と聞くと可愛い女の子やアイドルやモデル級の女の子ばかり抱いているイメージかもしれないが実際は違う。


モテる男ほど積極的にブスを抱くし、選り好みしない。だからこそ可愛い子やアイドルレベルの女の子を抱けるようになる。


一方非モテは「ブスなんか抱きたくねぇし」と言うが美人や可愛い子に相手にされず、かと言ってブスを抱くこともできない。


そうしている内にどんどん差は開いていく。どんなにブスであったとしても抱けば経験になるし学ぶことが多い。


僕は経験人数10人になるまでの過程でちゃんとブスを抱いてきた。それはもうすごい経験だった。

・朝〇龍似のデブス

・体重90キロのデブス

・ヒゲが生えていて口臭の臭いブス

今思い出してもすごい経験だが、その経験があったおかげで今はアイドルレベルで可愛いセフレができた。


ここからはモテるために非モテがブスを抱くべき理由を書いていく。

 

ブスのホンネを知りたい方はコチラ!!

①ブスにすら相手にされないという現実を知れる


なぜブスを抱くべきなのかと。


その最大の理由が「今の自分はブスにすら相手にされないレベル」という事実を知れるからだ。


僕も長らく非モテだったからわかるが、非モテほどブスを敬遠し「可愛い女の子がいいです」とほざく。


しかしマッチングアプリやチャットアプリやナンパなどで女修行すると、すぐに「ある現実」が突きつけられる。


それが「今の自分はブスにすら相手にされない」という現実である。


自分が「こんな女抱くなんてムリww」とか思ってる女にすら相手にされない。


っていうかほとんどの女に相手にすらされず雑に扱われるという現実が待っている。


僕がnoteに書いた「散々悔しい思いをした」というのは、正直に書くと「ブスにすら相手にされなかった」ことだ。


もちろん一部のイケメンやモテ男はそうじゃないだろうけど、君が今非モテならこの現実に間違いなく直面する。


しかも女は男に比べて性的価値が高いので、信じられないようなデブやブスにも彼氏やセフレやパパがいたりする。


そしてそんなブスに相手にすらされないどころか「格下のザコ」と認定され、メシを奢らせたりと搾取してくる場合もある。


そんなもんなんだ。それが現実なんだ。


まずは「自分はブスですら抱くことができないレベル」なんだという事実を受け止めること。


その現実と悔しさを握りしめてからがスタートだと理解できたら、君は間違いなく非モテを早めに脱することができる。

 

ブスを抱けるメルマガのご登録はコチラ

②経験値が増える


続いてのブスを抱くべき理由は「経験値が増える」こと。


↑にもあるが、イケメンでもない非モテが「可愛い子としかヤリたくありません」なんてのは流石にキツイ。


レベル1のホゲータがレベル90のミュウツーに挑むようなものだ。まずはレベルの低いポッポやコラッタを倒して経験を積んだ方が絶対にいい。


そしてどれだけブスだろうがベトベトンだろうが抱ければあなたの男としての経験値は確実に上がる。


この経験値が上がるというのがめちゃくちゃ大事なのだ。


先ほど「モテる男はブスをどんどん抱くが、非モテはブスも抱けず美人にも相手にされない。だからどんどん差が開く」と書いた。


ここで開く差とはまさに恋愛経験値のことだ。


どれだけブスでも女であることには変わりないのでそこから学ぶことは非常に多い。

・女子と話す時に緊張しなくなる

・ホテル誘導までのスムーズなやり方が身につく

・女の価値観や考え方や女心の理解

・どんどん女慣れしていく

この辺の感覚はブスだろうが可愛い子だろうがそんなに変わらない。


だからこそブスを抱いて練習量を増やして自分のレベルを上げていく必要がある。


何もブスだけを抱けとは言わないが「ギリいけるな…」くらいなら全然抱いていった方がいい。


そうしていった結果、僕はちゃんと可愛い子も抱けるようになったしそれなりにいい思いもできた。


そしてそれができたのも間違いなくブスを抱いてレベルを上げたからに他ならない。


だから現時点で非モテなのに「可愛い子としかしたくありません!」なんて言ってないでブスに行くべきなのだ。

 

ブスのホンネを知りたい方はコチラ!!

③自信が増える


ブスを抱くメリットの3つ目は「自信が増える」ことだ。


どんなにブスだろうが抱ければ間違いなく自信がつく。経験人数が少ないうちは尚更だ。


人間が自信をつける方法は色々あるが、その内の一つが「小さな成功体験を重ねること」だ。


そして非モテが自信をつける方法は間違いなく女から受け入れられることだ。


そこへいくとブスを抱くというのは小さな成功体験を重ねて自信をつける最適の方法となる。


僕が「ブスなんて抱きたくねぇし」とかほざいてた非モテの童貞時代、世界は闇に覆われていた。


しかし童貞を捨て、ブスを含めて10人抱いた今間違いなく自信がついた。童貞時代とは全く別の人生を歩んでいると言っても過言じゃない。


それにブスをちゃんと抱けるようになると女慣れしてくるし、最初ほどブスから相手にされないことも減っていく。


失敗の回数も減っていくし、可愛い女の子とヤレるようにもなっていく。


そうなると勝手に自信もついてくるしモチベーションも上がっていく。


男は女が満たされないと自信がつかないままだ。四の五の言わずにブスを抱け。


そうしている内にあなたのレベルは上がり、いつしか可愛い女の子も抱けるようになるだろう。

 

経験人数10人になりたい方はコチラ!

まとめ

プライドは捨てろ!バケモンでも抱け!【DJふぉい】


今回は「モテる男になりたければブスを抱け」という記事を書いた。


実際モテる男ほどブスを抱いているし、↑は経験人数100人超えの超モテ男レぺゼン地球のDJふぉいの動画だ。


超モテ男の彼ですら「俺だってブス抱いてるけん!!しっこたまブス抱いてきたけん」と言っている。つまりそういうことなんだ。


要は非モテのクセに「ブスはいやだ、可愛い子しかダメ」なんてナメたこと言ってんじゃねえってことだ。昔の僕にも言ってやりたい。


そして記事内でブスと蔑んできたが、僕に体を許してくれて自信をつけてくれてありがとうと思っている。


おかげで童貞時代には見えなかったものや、非モテ時代バカにされたコンプレックスも消えてきた。


ブスも可愛い子も抱けるようになりたい人は↓の無料恋愛メルマガに登録することがまずはおススメだ。


ブスと思ってもいいが、ちゃんと彼女たちに感謝する気持ちも忘れずにいよう。


それでは。

ブスを抱けるメルマガのご登録はコチラ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました