オ〇禁してもモテない!? ~清潔感と手広いアプローチは必須って話~

オナ禁

スポンサーリンク

こんにちは、オ〇禁で彼女をつくった男lemonboyです。


今回も気になるツイートを見かけたので、記事にしました!!


今回のテーマは「モテ」!!

男がモテるためにすべき努力

今回引用させていただくツイートはこちら!!


やうゆさんの「男がモテるためにすべき努力」です!!


このツイートは一見「オ〇禁と筋トレ頑張ってもモテないよww」と言われてるように思われます。


しかし、やうゆさんの考え方に共感したので今回記事にしました。


というのも「オ〇禁と筋トレだけじゃモテない」というベースがあるからです。

オ〇禁と筋トレだけしてもモテない


過去の僕もそうだったので、エラそうに言えませんが「オ〇禁と筋トレだけ」してもモテません。


「オ〇禁すればモテるようになる!!」「細マッチョになればモテる!!」とオ〇禁と筋トレに励んでる方には悪い知らせのように聞こえます。


多くのオ〇禁ファイターやトレーニーにありがちなのですが、「オ〇禁と筋トレをすれば自然とモテるようになる!!」と思いがち。


しかしこれ、大きな間違いです。


オ〇禁と筋トレ「だけ」してもモテません。モテるためには「清潔感」と「手広くアプローチ」が必須だからです。



清潔感を高める


女性が「男性に求めるランキング」で常に上位に入っているのが、この「清潔感」。あなたも見たことがあるのではないでしょうか?


というのも、男性は女性に比べると美意識が低く外見に無頓着な人が多いからですね。


男性は女性に一度「ダサい・不潔・汚い」と思われたら、そこから巻き返すのはかなり難しいです。


「男は見た目じゃない、中身だ!!」と抜かす男も多いですが、その考えでは身を滅ぼします。


どんなに中身がよくたって髪はボサボサ・服はダサい・ひげは剃っていない・体臭口臭もクサい。


こんな男と仲良くなりたいと思うでしょうか?思わないですよね。


言うなれば外見の清潔感は女性に対する最低限のマナーであると同時に、「最初の試験」とも言えますね。

清潔感の身に付け方


清潔感といってもそんなに難しいことではありません。


ワックスで髪を整える・爪を切る・歯磨き、ブレスケアをする・スキンケアをする・ダサくない格好をする・ヒゲを剃る・まゆ毛を整える。。。


書いてみると当たり前のことがほとんどですが、この当たり前をキチンと行えている人は意外といないんですね。


だからこそ、デキている人が魅力的に映る上に、大多数の男との差別化ができるんですね。


ちなみにオ〇禁をすると、ヒゲの伸びが遅くなる上にニキビが減り、肌がキレイになります。ぜひやってみてください。

『ニキビ集中ケア』エステ体験

手広くアプローチすること


彼女を作りたい・モテるようになりたい人は「複数の女性に同時にアプローチすること」が必須です。


↑のリンク先の記事に詳しく書きましたが、僕は「5人同時にアプローチ」をする戦略をとったら1ヶ月で彼女ができました。


運とタイミングがよかったのもありますが、早くモテる・彼女を作るためには手広くアプローチするのが手っ取り早いです。


というのもモテない男がなぜモテないのかというと、「一人の女性に執着してしまう」という明確な欠点があります。


モテない男はモテない故に「自分にはこの娘しかいない!!」と思い込み、1人の女の子を美化し執着する傾向にあります。


「この娘しかいない!!」という考えは一見、一途に見えて魅力的なように思えますよね?


しかし、この考えでは「非モテ一直線」な危険な考えです。むしろこの思考を抜け出せない限りモテには程遠いと言えるでしょう。

パワーバランスで負けてしまうから


なぜ「この娘しかいない!!」と1人の女性に執着し、アプローチするのが非モテになるのかというと、「パワーバランスで負けてしまうから」です。


友人関係でもそうですが、「この人は自分よりも上だな」という格付けを自然としているのではないでしょうか?


ハッキリとは格付けしていなくても、なんとなく軽い格付けは人間だれしもしていると思います。


我々男はここで「女性よりも下の立場」になってはいけないのです。


というのも、「女性は自分より格下の男と付き合うことはない」からです。


これは女性が「より優秀なDNAを遺す」という本能があるからです。


女性は男性と違い、セッ〇スには「妊娠」という多大なリスクを伴うため「誰でもいいからセッ〇スできる」というわけではありません。


「この男は自分よりも強いか」「妊娠して動けない時でも守ってくれるか」という選別を、無意識のうちに行っているといいます。


女性は本能的に強い男を求めているので、自分よりも弱い男=パワーバランスで負けるような男には魅力を感じないため付き合いません。


1人の女性に一途にアプローチする男はどうしても、パワーバランスで負ける場合が多い。なのでモテないんですね。


逆に言うと、自分に対して好意を抱いてる女性と付き合うとパワーバランスで勝てるため恋愛で優位に立てますよ。

 

恐怖!! 非モテのスパイラル


ここでなぜ1人の女性に一途にアプローチする男が非モテになるのか、流れで説明いたしましょう。


この娘しかいない→嫌われたら付き合えない→嫌われたくない→失敗したくない→余裕を失う→思い切ったアプローチや、軽い会話・イジりができなくなる→つまらないと思われて音信不通になる。


1人の女性だけにアプローチするのは、上記のような悪循環をもたらす可能性が非常に高い。


この記事を読んで下さっている紳士諸君も同じような経験があるのではないでしょうか?


1人の女性だけにアプローチすると、「失敗したら彼女になってもらえない」という焦りから、当たり障りのないことしか言えなくなり「一緒にいてもつまらない」と思われてしまうんですね。


いわゆる「いい人」がモテない理由もここにあります。嫌われることを恐れて思い切ったアプローチや軽い会話ができなくなるからですね。

そこで手広くアプローチしてみると


前の記事にも書きましたが、手広くアプローチすると一気に恋愛はうまくいきます。


というのも手広くアプローチすると「余裕」「モテている感」が生まれるからです。まずは余裕について説明します。


複数人に手広くアプローチしていると、「コイツがダメでも、他の娘にアプローチすればいいや」といい意味で余裕が生まれます。


この余裕があるとアプローチが全然違ったものに変わります!


軽くデートにも誘えるし、イジることもできる。失敗したって問題ないのだから大胆なアプローチもできるようになる。


この余裕があると、自然とパワーバランスで負けることもなくなるし主導権を握られることもなくなります。


そうなるといつの間にか「強い男である」というイメージを相手に与えることができます。


仮に失敗したって、他の女性にアプローチする時に同じ失敗をしなければいいだけです。PDCAも早く回せて改善のスピードも速まります。


手広くアプローチをして、失敗→改善を繰り返すうちに「いつの間にか彼女ができている。。。」こんなこともあり得ます。

オンナのホンネラジオ

モテている感


続いて「モテている感」について説明します。


手広くアプローチすると、当然LINEのやりとりも複数人の女性と同時に行うことになります。


ちょっと考えてみてほしいのですが、「自分のLINEに複数の女性から連絡がきてやりとりしている状態」だったらあなたはどう思いますか?


「いやあ~俺モテるな~」と思ったそこのアナタ!!正直でよろしい(笑)


浮かれないにしても「自分は複数の女性と連絡している」状態は自分に自信がつくし、「自分はモテるんだ!」という錯覚を生み出します。


錯覚と言うと聞こえは悪いですが、「恋愛に対する自信」は間違いなく生まれます。


この自信があれば積極的にアプローチできるし、セルフイメージがよくなれば恋愛活動もどんどん前のめりになれます。


無情ですが、女性からのLINEを丁寧に返すよりも「テキトーでいいや」と軽い気持ちで返した方が恋愛はうまくいきます。


より女性心理を学んで、モテたい方はこちら!!

恋愛大ステップメール

まとめ



さて、ここまでで「清潔感」と「手広くアプローチ」の重要性を語ってきましたね。


勘のいい人なら気づいたと思いますが、「清潔感」と「手広くアプローチ」に「オ〇禁と筋トレ」が加われば最強になります。


「オ〇禁と筋トレ」だけではモテません。「清潔感」と「手広くアプローチ」はモテますが差別化になりません。


・女性の足切りラインをクリアする「清潔感」

・一気にモテる「手広くアプローチ」

・男にあらゆるメリットをもたらす「オ〇禁」

・魅力的な肉体と精神をつくる「筋トレ」


この4要素を満たしている男はほとんどいません。ほとんどいないからこそ差別化=「希少性」につながります。


僕のブログを読んで下さっているあなたなら、この4要素を満たしている男がどれほど魅力的なのかわかるはずです。


僕もまだ道半ばですが、この4要素をハイレベルに満たす魅力的な男になりたいと思います!!一緒に頑張りましょう!!


それでは。


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました