1日の時間を伸ばすには ~新しい経験と体感時間について~

Life・Work

スポンサーリンク

こんにちは。日々の密度が濃くなってきたlemonboyです。

 

今回はちょっと今年2018年を振り返って感じた不思議な経験。

 

「体感時間と新鮮な体験」について語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

「今年もあっという間に終わってしまった…」

 

「今年も1年、あっという間だったな。。。」


みなさんの中にはそう感じている方も多いのではないでしょうか?

 

「大人になると月日の経つのが早い」

「あっという間に1年が終わる」

「時間が過ぎるのがすごく早い

 

僕自身大学4年生の時そう思っていましたし、周りの友達もみんな「時間が経つのめっちゃ早い」と言っています。


しかし、僕は違うんです。時間が経つのがとても遅い。

 

2018年とかまだやってんのかよ」そんな風に思う今日この頃です。とにかく1日が長い。

 

2ヶ月前の飲み会が遥か昔のことのように感じられる」

 

「ヨガを始めたのが今年のこととは思えない」

 

「からかい上手の高木さんを見たのって今年だっけずっと前から見てるような気がする。。。」

 

こんな風に思うことがとても増えました。


このブログも始めてから
1週間ちょいですが、もっと前からやっているような気さえしています。

 

前までは、こんなことはなかった。


あっという間に時間が過ぎていく。季節が流れていく。やりたかったことができないまま。

 

そんな日々からいつの間にか離れることができました。

でもまあ、そんなことを言うと、大体一笑に付されます。

 

「いやいや、今年一瞬じゃん笑」

「それは若いからだよ、年取ったらもっと早くなるよ」

「仕事がヒマなんじゃないの?」

 

などなど

 

もしかしたら、僕がまだ若いから時間の流れが遅く感じるのかもしれない。

 

社会人になりたてで、先輩社員に比べたら確かにそこまで忙しい訳じゃない。

 

それでも、これから述べる方法を生活の中に取り入れていけば、もしかしたらあなたも普段の生活の体感時間が増えていくかもしれません。

 

使える時間が増えれば、それだけチャレンジできることも増えていきますよね。


人生ももっと充実していくと思います。自分以外にもこういった人が増えたらいいなと思ってこの記事を書きました。

 

それでは、述べていきます。それは

 

 

 

今までやったことのない、新しい体験をする

僕の体感時間が増えるようになったのはもうコレに尽きます。

 

そう、「新しい体験、チャレンジ」をすること。

 

言い換えれば、「新鮮な体験をすること」ですね。

 

僕は去年から「新しく挑戦したことリスト」をつけています。こんな感じでEvernoteにメモをするだけ。カンタンです。

 

今このリストはどんどん増えていって、今は60近く新しくおこなってことをメモするまでになりました。

 

20181231日現在で新しく挑戦したことリストは70を達成しました!!

 

ちなみに去年の「2017年あたらしく挑戦したことリスト」は32だったので、今年は大体去年の倍近く新しいチャレンジが増えたことになりますね。

 

「新しいことにチャレンジ」っていうとついつい身構えちゃいますよね。でもこのリストに書くことは些細なことでも構いません。

 

むしろ些細な、小さな変化こそこのメモに残していくべきだと考えています。

(この頃はメモを使ってましたね。。。)

 

新しい仮面ライダーを見たとか、アニメを見たとか、行ったことのない美容院に通い始めたとか、新しいプロテインを買ってみたとか。

 

そんな小さなことで構わない。

 

日々小さな変化を取り入れていけば、小さいけれど新鮮な体験を味わうことができます。

 

そう、「新しい体験をする」。そしてそれを「積み重ね続ける」。

 

これこそが、体感時間を延ばす唯一の方法だと僕は確信しています。


僕らがオトナになると時間があっという間に過ぎるのは、
「同じ行動を繰り返すから」「新しい体験が減っていくから」と一説には言われています(聞いたことがある人もいると思います)

 

小学生の頃の1日や1年がとても長く感じられていたのは、人生経験が少ないがゆえに自然と新しい体験を積み重ていく」からだと言われています。

 

それだけ子供の頃は知らないことがばかりですよね。しかし大人になればそれは変わってきます。

 

知っていることも増えていきますし、積極的に行動しない限りなかなか新しい体験を重ねることはありません。

 

特に社会人になると同じような仕事の繰り返し、決まりきった生活パターンの人も多くなります。

 

そうなると人間はあっという間に時間が経つように感じるんですよね。

 

僕も大学1年生の頃は毎日が新鮮な変化に満ち溢れていて、時間の流れはそこまで早く感じませんでした。

 

しかし、大学4年生になる頃には関わるメンバーも決まってくるし、新しいサークルには入りにくいし、講義の内容や雰囲気も大きく変わるわけではありません。

 

ようは慣れきってしまうとそれだけ変化が乏しくなり、日々があっという間になってしまうのです。

 

そこで

 

「○○年 新しく挑戦したことリスト」をつけてみよう!!

 

 

メモでもEvernoteでもいいから、ただ新しくやったことを書いていくだけ。超カンタン。

 

これをメモしていくと、新しいチャレンジをすることが楽しくなるし、自然と新しいことにチャレンジする自分に生まれ変わっています。

 

何よりあたらしくチャレンジを重ねていくと、「新しいことの方が、自分の元にやってきます」

 

ウソみたいですが、これはマジです。

 

騙されたと思って、やってみてください。

 

もし、僕の様に体感時間が増えることがなかったとしても、新しいことを生活に取り入れ続けたあなたの生活は間違いなく、変化に富んでいて楽しいものになっているはずです。

 

なぜなら日々、変わり続けることは進化し続けることと同じだからです。

 

体感時間と自分の進化。どうせなら両方手に入れちゃいませんか?

 

チャレンジすることこそが人生。 是非やってみていただけると嬉しいです。

 

それでは。

スポンサーリンク

Life・Work
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました