痴漢被害者の僕が語る、痴漢の気持ち悪さと無理解について

未分類

スポンサーリンク

こんにちは、男だけど痴漢経験者lemonboyです。

 

今回の記事は「痴漢」がテーマなので、人によっては嫌な過去を思い出させる内容になると思います。ご了承下さいませ。

 

さて、なぜ今回僕が「痴漢されたことがある」というテーマで記事を書いたのには、先日見たとあるツイートが印象に残っているからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたはこの動画をどう思いますか?

先日印象に残ったというのが、上記のツイートと動画です。

 

動画では強盗被害に遭い、「怖くて叫ぶこともできず、金品を強奪された」と主張する男性がいます。

 

それに対して女性警官は「なぜ叫ぶなどの行動をしなかったの?」「金持ちだとわかる格好をしているあなたにも問題がある」などと主張します。

 

まるで被害者に原因があり、悪者であるかのような扱いですね。

 

正直不快なこの動画。しかし、この動画の内容はある出来事を皮肉ったものだと推測できませんか?



痴漢被害女性に対する扱いと同じ

この動画は痴漢だけでなく、女性が性犯罪被害に遭った際に「あなたにも落ち度はあったんじゃないの?」と言われる現状を揶揄した動画です。

 

僕は正確に女性の被害状況について理解している訳ではありません。


しかし痴漢された女性に対し、「誘うような恰好をしていたのが悪い」「声を上げるなり対処しないのが悪い」などの心無い意見を耳にしたことは多々あります。


こういった意見に対して、僕は一石を投じたいと思います。

 

痴漢する方が、100%悪いに決まってる

こういう意見を聞くたびに思います。そもそも痴漢をする側が100%悪いのであって、被害者には心のケアを最優先にすべきであると。

 

痴漢とは、僕ら男性が想像している以上の精神的被害を与えると僕は考えています。

 

僕は痴漢被害に遭った女友達や彼女から「1ヶ月くらい落ち込んだ」「電車に乗るのが怖くなった」という話を聞いたことがあるからです。

 

何より、高校時代のクラスメイトが「痴漢に遭ったトラウマから電車通学ができなくなり、出席に響いた」という話を聞いて「痴漢ってそんなにショックを受けるものなんだ。。。」と子供ながらに思ったことを覚えています。

 

その時は「痴漢はショックを受ける」となんとなく思ったのですが、大学生になったある日、僕はその意味を真に理解することになります。

 

lemonboy、痴漢される

僕は男ですが、大学生の頃男性に痴漢された経験があります。

 

(ちなみに2人ほど「男だけど、男に痴漢されたことがある」という人に出会ったので、もしかしたら珍しいことではないのかもしれません。)

 

その時に感じた恐怖や嫌な緊張、吐き気、気持ち悪さは今でも自分の中に残っています。

 

痴漢されたあと僕は、「男の自分でも痴漢されてこんなに怖かったり、気持ち悪く感じるなら、女性はもっと怖いし気持ち悪いと思うよな。。。」と思ったことを覚えています。

 

僕は男なので、痴漢されても最悪殴り返したり、走って逃げることができます。

 

しかし、男性が女性に痴漢するとこの構図は基本的に成立しません。

 

女性は力では男性に勝てないし、追いかけられたら逃げられないし、襲われでもしたら抵抗できない場合がほとんどだからです。

 

そしてただでさえ身体能力で不利なのに、さらに不利になる要因がもう一つあります。それが

「恐怖」という感情

先程の動画に対する一つの答えですが、痴漢や強盗などの「命の危機」を感じた時、人間は強い「恐怖」に襲われます。

 

この「恐怖」という感情が、人間の冷静な判断力を奪ってしまうんです。それが痴漢された時に叫べなかったり、助けを呼べない理由です。

 

ただでさえ強い恐怖を感じ、冷静さを失い、混乱していた被害者に対して「なぜ叫ばなかったの?」「本当に怖かったなら、抵抗したり助けを求めたりできるはず」なんて意見は見当違いの御託に過ぎないんです。

 

平常時のリラックスしてる人間の判断力と、生命の危機を感じてパニックになっている人間の判断力を同じだと考えてはいけないんです。

 

何よりも生命の危機を感じ、強い恐怖に襲われた人間に対して「なぜこうしなかった?」「あなたにも原因がある」などと言うのはあまりにも配慮を欠いた発言ではないでしょうか?


世間はどうにも被害者に寄り添った言動や対応がなされていないように感じます。非常に憤りを感じますね。


まとめ

今回テーマがテーマなので、ひたすらマジメに語り続けました。

 

僕たち男性は痴漢されるという経験がない人がほとんどなので、どうしても女性の痴漢被害に対する理解が及ばないところはあると思います。

 

そもそも女性の恰好だって、オシャレを楽しむために行うのであって見知らぬ誰かを誘惑したいなんて意図がない人がほとんどです。

 

だから、女性の服装を指摘するのもおかしな話なんですよね。

 

僕もそうですが、痴漢よりも冤罪に巻き込まれる恐怖の方が強い男性の方が多いのではないでしょうか?

 

一人でも多くの男性が、「痴漢される恐怖」を知れば痴漢の件数自体が減って、男性も冤罪に巻き込まれることが減るんじゃないかって思います。

 

男性も女性も、お互いの心を思いやり、理解し合うことが必要なんじゃないかなって思います。

 

それでは。

 

スポンサーリンク

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonboyをフォローする
スポンサーリンク
lemonboyの人生まるごとコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました