これぞ究極のオナ禁成功方法? ~○○を覚えたらオ〇ニーに興味を失った話~

オナ禁

スポンサーリンク

こんにちは!オ〇禁で彼女をつくり童〇を卒業した男、lemonboyです!!


今回もオ〇禁をテーマに語っていきます。

 

僕は彼女をつくり平成が終わるギリギリに童〇を卒業し、彼女さんとのセッ〇スライフを楽しんでいます!!

 

いや~あきらめないでオ〇禁や恋愛活動を続けて本当によかった。。。

 

無料恋愛メルマガのご登録はコチラ

オ〇禁を続ける究極の方法に気付く

彼女との楽しい生活を続けている内に、僕はあることに気づいてしまいました。。。


そう、それは
「オ〇禁を続ける究極の方法」です!!

 

オ〇禁しようとしてもついついリセットしてしまったり、なかなか続かない人もいますよね。昔のぼくのように。

 

しかし、そんな人でもオ〇禁を続けられる方法を僕はこのたび発見いたしました!!!


果たして、
「オ〇禁を続ける究極の方法」とは?

 

それは。。。?

 

無料恋愛メルマガのご登録はコチラ

セッ〇スの快楽を知ること

そう、オ〇ニーではなく「セッ〇スの快楽を知ること」。 

 

これこそが最もオ〇禁の成功率を高めると今のlemonboyは確信しています。

 

多くのオ〇禁ファイターが「オ〇禁して彼女をつくりセッ〇スをする」

 

これをゴールに禁欲生活を頑張っているのだと思います。そして111ヶ月オ〇禁生活を頑張り、無事lemonboyはそのゴールを達成しました。

 

そのゴールを達成したlemonboyには大きな心境の変化が訪れました。

 

セ〇クスを覚えたらオ〇ニーに興味を失った

 

はい、タイトル回収です。思いっきりド下ネタな記事になります()

 

「オ〇禁を続けよう!!」と意気込むのではなく、性の喜びを知った今の僕はもう「オ〇ニーそのものに対して無関心」になってしまったんですね。

 

新しいゲームを買ってもらった子供が「古いゲームはもう飽きた、つまんない」と言って今まで夢中になっていたゲームに無関心になる状態ですね。

 

つまり今の僕は「セッ〇スに比べたら、オ〇ニーはもうつまんないし、気持ちよくもないからやらない」状態なんですね。

 

これはlemonboyが元々童〇で、そこからオ〇禁してセッ〇スの快楽を知ったことも大きいと思います。

 

最初のうちはうまくいかず「期待してたけどこんなもんか。。。」とか 「あんまり気持ちよくないじゃん」とか思ったりしていました。

 

しかし回数を重ねて慣れてくるうちに、セッ〇スの楽しさと気持ちよさを 理解できるようになりました。

 

そして、セッ〇スの気持ちよさを知るのと反比例するように、オ〇ニーへの関心がドンドンなくなっていきました。

 

オンナのホンネを知りたい方はコチラ!!

セッ〇スとオ〇ニーは全く違う

 体験してハッキリ感じたのが「やっぱりセッ〇スとオ〇ニーは全然違う」ということでした。

 

女性とキスしたり、抱き合ったり、互いに愛し合うあの感覚。。。

 

服を脱がす時のドキドキ感や抑えきれない興奮。。。

 

何よりも目の前の女性を、自分でイカせているという実感。。。

 

どれもこれも、決してオ〇ニーでは感じることができないものでした。

 

オ〇ニー以上の快楽と愉しさがセッ〇スにはある。そして、セッ〇スでしか得られない快感と興奮がある。

 

そうなると、もうオ〇ニーなんて全くもって興味がなくなるのは自明の理でした。




まとめ

「オ〇禁して、彼女をつくって、セッ〇スして、童〇を卒業する」

 

これを決意したのが2017529日のこと。今からちょうど1年前の話です。

めちゃくちゃ時間がかかってしまいましたが、僕はなんとかその目標を達成することができました。

 

そしてその目標を達成した今、今回のテーマである「オ〇禁を続ける究極の方法」に気がつきました。

 

それが「セッ〇スの魅力を知り、オ〇ニーへの関心を失うこと」であるということです。

 

もちろん万人に当てはまる方法だとは思っていません。


セッ〇スがしたいという衝動に抗えず、ついついオ〇ニーをしてしまう男性も多いことでしょう。

 

それでも今の僕が考える「オ〇禁を続ける究極の方法」は「セッ〇スの魅力を知り、オ〇ニーへの関心を失うこと」であると確信しています。

 

2年間オ〇禁を続けた結果、ようやく一つの大きなゴールにたどり着いたような気がします。

 

まだまだこれからもオ〇禁を続けて、もっと学びを得たいと思っています。

 

それでは。


lemonboyが女性のホンネや心理を学ぶために使用したラジオはこちら!!

オンナのホンネラジオ

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました